せふれに影響されて、趣味が増えました

趣味が増えるのっていいことだと思います。趣味が増えるというのはつまり、生きる上での楽しみが増えるということなので。編めるかとかではごく普通に、ノーホビーノーライフというキャッチフレーズが使われたりしているみたいですよ。約仕方が難しいのですが、これはつまり、趣味がなければ面白くないじゃん、くらいの意味でしょうか。

確かに、趣味があると自分の人生が豊かになるという人は多いです。お金も時間もかかってしまうからといって、とことん無趣味な生き方を貫こうとする人は確かにいますが、私の場合は特にセフレに影響されたということもあって趣味が増えました。私が出会い系サイトを利用してしりあったっせふれがたまたま多趣味な人だったんですけど、そのひといわく、趣味っていうのは自分一人でハマっていても面白くないのだそうです。

考え方は人それぞれ違うでしょうか、わたしのせふれの場合は、自分が何か趣味を持っているとすると、それと同じ趣味、あるいは似たような趣味を持つ人とで話題を共有するのがいちばん楽しいのだそうで、メールのやり取りでも、自分の趣味に関する話題をよく送ってきました。

最初のうち、私は彼女の趣味についてほとんど知識がなかったので、メールを読んでもさっぱりわからない部分とかが多かったのですが、そのうち、私がもしも、今よりもう少しだけでも彼女の趣味について理解できるようになったら、今よりもっと彼女と会話するのが楽しくなるのではないかと考えるようになったのです。

ちなみに、彼女の趣味について私がさっぱりわからなかったというのは、決して、彼女の趣味が理解不能なほど変わっているとか特殊なものであるというわけではありません。そうではなくて、単純に私のほうに知識がなかっただけです。とりわけいわゆるサブカルチャーに関する知識はまったくないのです。仕事に追われて趣味に打ち込むような時間もないというのが本音ですが、玉野保美に頭を切り替えられるような趣味があると、本当に素敵な気分転換になるというのは事実みたいです。

こんな言い方をするとなんだか下心が丸出しみたいですが、セフレに影響されて趣味が増えた時、やっぱり一番うれしかったのは、メールのやり取りをするときにあまりネタに困らなくなったことと、趣味の話題をふったら、特別に事務的なようがない時でもメールして構わないのだということに気づいた時でした。

即日出会いを検索するなら→セフレ募集アプリ