不倫に溺れそうな私は、ひょっとして頭がおかしいのでしょうか?

こんなことを言うと頭がおかしいと思われるかもしれませんが、女性だって不倫をするのは普通のことみたいです。
不倫をするとか浮気をするといえば(この二つの言葉の意味の違いがよくわからない部分はあるのですが)どうしても男性の専売特許だというイメージがあるかもしれませんが、実際のところはそういうわけでもありません。

出会い系サイトを利用している女性は、今では驚くほど多いのです。
そのことは、実際に自分が出会い系サイトを利用してみるとよく分かります。
出会い系サイトを利用することについては、問題視されることもたくさんあって、いまだに出会い系サイトを利用することについて反感を覚える人もいるようですが、それにしたって、優良なサイトを利用して出会いを求めることができるというイメージが多くの人の間で広がったことや、実際に出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現したという人がたくさんいること、なにより、出会い系サイトを利用して出会いを求めるということが誰にとっても手軽なので、模試もうまくいかなかったとしても割とあきらめがつくというイメージが多くの人の頭にあるみたいです。

出会い系サイトを利用している女性がふえたということは、つまり不倫を考える女性が増えたということでもあるんですよ。
始めて恋をする相手については自分で真剣に選びたいという思いがある女性が多いと思うので、処女が例えばセフレを求めて出会い系サイトを利用する例は少ないとも言われていますが、例えば一度失恋を経験したり、結婚していた旦那に裏切られるという経験をすれば、その時点で女性は開き直るというか、それまではあった自分のことを貴重品扱いするような気持がなくなるので、よけいに性的な欲求不満を感じる場面が多くなるみたいです。

欲求不満の奥様とかいう表現は、かならずしも男性向けのアダルトビデオの世界だけにあるような話ではないんですよね。
熟女が好きだとかどうだとかいう問題には個人差もあると思いますが、出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたいなら人妻を狙うべきだというふうに言われるのは間違ったことではないと思います。
やっぱり若い女性に比べれば、ちょっと年を重ねた女性のほうがより一層欲求不満を抱えている可能性が高いのです。

若い女性の場合は、まだ自分は女としての魅力を保っているから焦らなくても大丈夫という気持ちがどこかにあるものですが、それがだんだん年を重ねてくると、気持ちに余裕がなくなってくるというのは誰にとってもあるみたいです。
もちろん、人間は若さだけが問題になるわけではないので、そんなに焦る必要はないと考える人もいるでしょうが、やっぱり女性にとって若さや美しさが失われていくというのは恐ろしいことなのです。

どれだけ保守的な人であっても、やっぱり男女のお付き合いというものについては興味を持っているものですし(例えば若い時にレイプされるなど、そういう恐怖体験によって男性が全く駄目になってしまう人もいますが)なんだかんだいって、自分が持っている女性としての価値を認められればうれしいものです。

女性が不倫をするのは、もちろん旦那との関係が悪くなって、セックスレスから欲求不満を感じ始めるというお決まりのパターンもあるのですが、別に自分から夫のことを嫌い始めたわけではないのに、夫が一方的に不倫をするなどして寂しくなったという場合は、まだ自分は夫のことが好きなのに、他の女に取られて悔しい……という思いは当然あるわけです。
こういう悔しさは、男性にだって理解できるものではないでしょうか。

自分が持っている女としての魅力を旦那が認めてくれなくて悔しい、と思うからこそ、旦那に裏切られたことが悔しくて出会い系サイトを利用し始めたという女性の場合は特に、自分が持っている女としての魅力を認めてくれる男性との出会いを求めます。

ある程度の年を重ねた女性にとって、自分の魅力を認めてくれる相手が若い男性であったら、なおさらうれしいのです。
普通、若い男性が魅力を認める対象といったら、自分と同じように若い女性の魅力です。
そのなかで、中年の女性が若い男性から魅力を認められると(あるいは認めてもらえたというように感じると)私はまだまだ若いのではないか、私は女としてまだまだやっていけるのではないか、というふうに自信を持つのです。
自分の容姿や魅力に関して自信が持てるというのは、女にとってすごく大事なことなんです。

だから、人妻って普通に若い男性と不倫するんですよ。
セフレとしてのねらい目は人妻だとよく言われますが、それは実際に、性的な欲求不満を抱えた人妻が若い男性との出会いを望んでいるからなんですね。